「濃茶の練り方(入れ方)」
茶碗にお湯入れて温めておきます。
そのお湯を茶筅で軽くかき混ぜ、茶筅も温めます。
温めましたらお湯を捨て、茶碗の内側を拭います。
篩っておいた抹茶3g(茶杓3杯)を茶碗に入れます。
90℃のお湯100ccを量り、抹茶碗に静かに注ぎます。
抹茶がよく溶けるように、茶筅を上下(縦)に泡立たないようにゆっくりと動かして練ります。
抹茶は茶碗の底に溜まっていますので、茶筅を傷めないようにやさしく丁寧に練ります。
濃茶は一碗を数名の連客で順服するのが普通です。
また、各服点ての場合もございますので、ご家庭では各服点てでお楽しみください。

濃茶

抹茶 宇治産 辻利一本店 「菊昔」 30g入り お茶 日本茶 緑茶 粉末 パウダー 濃茶 薄茶 茶道 お点前 抹茶碗 抹茶スイーツ用

2,160(税込)

21ポイント獲得できます

レビューはまだありません

数量

この商品について問い合わせる

アイテム説明
「抹茶」の原料となる「碾茶」と呼ばれるお茶は、覆いで日光を遮って栽培をし、旨味たっぷりの新芽を蒸して乾燥させ、葉脈を取り除いて作られます。

抹茶とは、この碾茶を臼で挽いて粉末状にし、ふるいにかけたものです。

当店の抹茶はすべて宇治産になります。

1碗に1客分3杓程度の分量で抹茶を掬出し、湯を注ぎ、茶筅で練ります。 季節のお菓子と共にどうぞ。

抹茶スイーツ、抹茶ラテ、抹茶フラペチーノを作る際にもおすすめです。

茶道を学ぶ方や抹茶初心者の方にも、手軽に本格的な抹茶を楽しむことができます。

抹茶ラテの作り方

1. 抹茶をボールに入れ、少量のお湯を注ぎ、よく混ぜます。

2. 残りのお湯を注ぎ、よくかき混ぜます。

3. 泡立ててミルクを注いで完成です。

抹茶本来の風味とクリーミーなミルクが絶妙にマッチした贅沢な一杯をお楽しみください。
是非、ご自宅で本格的な抹茶ラテを堪能してみてください。
名称 抹茶 菊昔
原材料名 緑茶
原料原産地 国産
内容量 30g
賞味期限 180日
保存方法 高温・多湿を避け移り香にご注意ください。
  • システム商品コード
    :000000000017
  • 独自商品コード
    :matcha_kikumukasi_30g
  • 原産地
    :京都府
  • 送料について
    :お届け先ごとのご注文金額が5,400円(税込み)以上のご注文で送料無料

最近チェックしたアイテム

関連商品

商品レビュー

レビューはまだありません

レビューを書く